諫早農業高校オリエンテーションの話。2017年07月14日 金曜日
地域ひろば

先日、諫早農業高校介護職員初任者研修の施設実習のオリエンテーションとして

『老人ホームって?』というテーマでグループワークを中心に話をさせて頂きました。

 

グループワークの最初のテーマは・・・

”老人ホームのイメージって?”についてです。

緑の枠の中が主な内容です。

農高ホワイトボード①_LI.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん本当によく勉強されていて驚かされました!

 

そして、グループワーク2つ目のテーマは・・・

”老人ホームに入居する理由って?”です。

農高ホワイトボード②_LI.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農高ホワイトボード③_LI.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視点が私達とは違い新鮮で本当に、本当に、驚かされました!!

 

そして、施設見学を挟んで、最後のグループワークです。

テーマは・・・

”諫早中央がどんな施設になってほしいですか?”です。

農高ホワイトボード②_LI (2).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農高ホワイトボード③_LI (2).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この発表には、本当に、本当に、ほんっとに驚かされました!!!

施設見学後のグループワークだったのですが、

全グループが ”地域との交流” ”ユニット間の交流” がある施設になってほしいと発表されました。

きっと、彼女たちは、施設見学の中でユニット型施設の弱みである”ユニットの閉鎖性”を感じ

その解決策として、そして、入居者がより豊かに暮らせる環境要因として

”地域との交流””ユニット間の交流”に行き着いたのではないでしょうか?

発表の様子も堂々としていて、上から目線だったし・・・(笑)

 

現状を考えると、私たちが求められているサービスの質はとても高く

超えるべきハードルはいくつもありますが、

入居者の想い、ご家族の入居者への強く優しい想い、地域のニーズを

あらためて感じることができた貴重な時間になりました。

諫早農業高校の皆さん、ありがとうございました。

実習を楽しみにお待ちしてます。

そして、私たちも頑張ります!!!!

 

 

 

 

そして!!そして!!!!!

本日、大村シーハットで開催された

『第5回長崎県高校生介護技術コンテスト』において

諫早農業高校選抜チーム最優秀賞を受賞しましたshinehappy02fujisign03

表彰式.jpg

心よりお祝い申し上げますsmile

 

諫早中央に戻り、職員に報告したところ、

みんなが自分のことのように喜んでいる姿も印象的でした。

※表彰式の写真です。

 

施設長 三隅 健 

総合パンフレット

短期入所空床カレンダー