第27回 全国老健保健施設大会in大阪で2演題発表してきました。

平成28年9月15日、16日に大阪市で開催された
第27回全国老健保健施設大会へ参加してきました。
恵仁荘からは発表者2名(看護師・理学療法士)と座長1名(介護福祉士)、事務長、介護福祉士2名の計6名で参加しました。
開催地が大阪という事もあり、全国各地から約6000名を超える方が参加されていました。

大会初日は開会式で行われた表彰式に参加し、前回の第26回大会in横浜にて下記の演題で優秀奨励賞を受賞した介護福祉士の下坂が表彰を受けました。

「細菌カウンタを使用した自立支援に向けた個別口腔ケア」
下坂雅彦 (介護福祉士) ※第26回大会 優秀奨励賞

(※ 発表内容は上記をクリックして下さい)

第27回 全国老健保健施設大会in大阪①

第27回 全国老健保健施設大会in大阪②

発表は2演題で、一つは排泄部門で看護師の本田が、尿路感染予防に向けて当施設の排泄ケアの取り組みを報告しました。
もう一つはリハビリ部門として、理学療法士の秀嶋が10年間に渡っての通所リハビリでの取り組みを報告しました。
また、今回は長崎県介護老人保健施設の看介護部の代表として、介護副主任の平野が座長として選出され、レクリエーション部門のセッションの進行を行ないました。
発表および座長を行なった3名は、本番は少し緊張した様子でしたが無事に終えることができ、質問等もあり有意義な時間を過ごせました。

1.「当施設における排泄ケアの取り組み
~尿路感染予防を目指して~」
本田喜美子 (看護師)


2.「在宅支援強化型デイケアに向けての一歩
~これまで10年間の取り組みとマネジメント強化の工夫~」
 秀嶋敏和 (理学療法士)

(※ 発表内容は上記をクリックして下さい)

 

〒854-0121
長崎県諫早市有喜町648番地

総合パンフレット

短期入所空床カレンダー

訪問リハビリ週間空き情報