トランスファーボード整備

トランスファーボードを各居室に整備しました。 

 

ijiguraido職員の腰痛防止対策として、1,2階の全ての居室(27室)にトランスファーボードを整備しました。10年程前から、ボード(当施設ではイージーグライドMサイズを使用)を導入し、介護負担軽減や自立支援のためのケア目的で使用してきました。H25.6厚労省の腰痛予防対策指針が19年ぶりに見直されました。その中で、「腰部に著しく負担がかかる移乗介助等では、リフト等の福祉機器を積極的に使用することとし、原則として人力による人の抱上げは行わせないこと」が記載されています。 

 

 

tomo当施設の看護・介護職員の腰痛保有率も非常に高く今年度、来年度の大きな課題と位置づけています。現在、97名のご利用者の内、イージーグライドを用いた介助を提供している方は18名いらっしゃいます。安全で安心できるケアを提供するために、全室に整備させていただきました。また、職員採用時はイージーグライドを使用した実技研修を開催しております。 

 

〒854-0121
長崎県諫早市有喜町648番地

総合パンフレット

「茶の間カフェ」ボランティア養成講座参加者募集

短期入所空床カレンダー

通所リハビリ週間空き情報

訪問リハビリ週間空き情報

所定疾患施設療養費