理念・方針

医療法人和光会・社会福祉法人寿光会は、海と緑に囲まれた豊かな自然の中、心と心のふれあいで笑顔あふれる医療と福祉を実践します。

理事長あいさつ

出口喜男昭和29年、諫早市の中心街に出口産婦人科医院を開業、その後、昭和47年眼下に波静かな橘湾と雲仙、天草国立公園を一望する風光明媚な景勝地に長崎県県央初の特別養護老人ホーム「天恵荘」を創設し、将来の高齢者社会の到来に対応した老人福祉村構想を思い、昭和49年、老人専門病院「恵寿病院」を、昭和54年に本県唯一の盲養護老人ホーム「光明荘」を、平成2年、老人保健施設「恵仁荘」を、平成6年、デイサービスセンター「和心園」を開設し、内部的に、デイケア、ショートステイ、家族介護教室、訪問看護、給食サービス等々の事業を図り、平成11年、諫早市から養護老人ホーム「福寿園」の移譲を受け、平成12年に新装改築、及び天恵荘に「ホームヘルパーステーション」を開設、平成17年には「天恵荘」開設以来30年余の時の流れに手狭さ、不便さ、さらに老朽化に伴って、103床全室個室、全館床暖房の快適な環境を整備した新型ユニット施設を全国の施設に先駆け新設オープンし、平成18年には、介護保険制度改革のねらいである「介護予防普及」、「在宅重視へのシフト制」を中心とした指導、助言業務の「地域包括支援センター」を恵仁荘で受託、及び居宅介護支援事業所を天恵荘に開設、さらには介護保険サービス充実のための光明荘・福寿園の養護老人ホームにおいて、特別施設事業所及び訪問介護事業所を開設、地域福祉の拠点として、高齢者の医療、福祉、保健対策の充実強化に努め、名実共に高齢者の総合福祉施設が完成し「有喜福祉村」と呼称されている所以であります。
今後共、初心を貫くため、一層の精進を図り、誕生から高齢者福祉に至るまで、どこまでも人生の生命を温かく見つめ全力を尽くして参りたい所存です。

理事長 出口 喜男

副理事長あいさつ

出口晴彦我が出口グループは、1954年出口医院レディースクリニック開設以来、天恵荘、恵寿病院、光明荘、恵の園、恵仁荘、福寿園、グループホーム恵、恵愛荘と拡張し、2014年で60周年を迎え、特養諫早中央が10か所目の施設となりました。産婦人科では不妊症治療で卵子から加療し、老人施設では看取りまで携わり、天国へお送りするため「卵子から天国まで」の人生全般のお世話をさせていただいております。職員一同、出口グループの当初からの理念でもある「奉仕の心」を持ち、ご利用者様が満足するには自分たちが満足しなければいけない「愛社心」を持ち、常に向上心を持ち「広い視野」を持ってご利用者様に対応しております。高齢者の尊厳ある自立した生活を送ることができるように質の高い医療と福祉サービスを提供いたします。これからもなお一層地域社会のため貢献していきたいと思っております。

副理事長 出口 晴彦

一般事業主行動計画

社会福祉法人寿光会 一般事業主行動計画(PDF:100KB)

組織図

組織図

沿革

昭和29年 出口産婦人科医院開業
昭和47年 特別養護老人ホーム「天恵荘」開設
昭和49年 老人専門病院「恵寿病院」設立
昭和54年 盲養護老人ホーム「光明荘」開設
平成2年 老人保健施設「恵仁荘」設立
平成6年 デイサービスセンター「和心園」併設
平成11年 養護老人ホーム「福寿園」を諫早市から移譲
平成12年 養護老人ホーム「福寿園」新装改築
天恵荘に「ホームヘルパーステーション」を開設
平成17年 「天恵荘」を新築移転
平成18年 「地域包括支援センター」受託
平成25年 介護療養型老人保健施設「恵愛荘」開設
平成26年 地域密着型特別養護老人ホーム「諫早中央」開設

 

出口グループ

総合パンフレット

短期入所空床カレンダー

ご意見・お問い合わせ

台風・地震等による災害対策

求人案内

介護職員初任者研修